So-net無料ブログ作成
検索選択

43 生きている松明 Le Flambeau vivant

      43 生きている松明

彼らは歩く、私の前を。これらの「眼」は光に満ち、
ある博識な「天使」が、おそらく磁化させた物だ。
彼らは歩く、これらの神々しい兄と弟は、私の兄弟で、
私の両目にダイヤのように輝く炎の衝撃を与えながら。

私をすべての罠から、すべての重いシンから救いながら、
彼らは私の歩みを「美」からの道へ連れて行く。
彼らは私のしもべで、私は彼らの奴隷だ。
すべての私の存在は、この生きている松明に従う。

すてきな眼々、君たちは神秘の光で輝いている。
それは白昼に燃える数々の大蝋燭が持つ物だ。太陽は
赤く燃えている、だが幻想の彼らの炎を消しはしない。

それらの蝋燭は「死」を称え、君たちは「目覚め」を歌う。
君たちは歩く、私の魂の目覚めを歌いながら。
星々だ、どんな太陽もその炎を衰えさせられない!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。