So-net無料ブログ作成

20 仮面

 
        20 仮面

       ルネッサンス趣味の寓意的彫像
       彫像作家エルネスト クリフトフに

じっくりと見よう、フィレンツェ風に優美なこの宝物を。
筋肉質のこの肉体のうねりのなかに
神々しい姉妹、「優雅」と「力」が豊富にある。
この女性は、真に奇跡の作品、
神々しく頑丈で、惚れ惚れするほどほっそりしていて、
豪華なベッドの上に君臨するために作られている。
高位聖職者あるいは王侯の気晴らしを魅了するためにも。

―さらに、見よ、上等で官能的な、この微笑みを、
そこでは「うぬぼれ」が恍惚を引きずっている。
陰険で、物憂げで、嘲笑する、この長い眼差しを、
ヴェールですっかり囲まれた、この可憐な顔を。
それぞれの特徴が、勝利者の雰囲気で我々に語っている。
≪「快楽」が私を呼び、「愛」が私に王冠をかぶせるの!≫
多くの威厳を授けられたこの存在に
見よ、なんと可愛らしさが刺激的な魅力を与えていることか!
近づこう、そして彼女の美しさの周りをまわろう。

オー芸術の冒瀆!オー致命的な不意打ち!
神々しい肉体の女は、幸福を約束しているが、
上方が双頭の怪物で終わっているぞ!

―いや違う! 仮面で、誘惑の飾りでしかないのだ、
こちらの顔は。甘美なしかめ面で輝いている。
そして、注視せよ、ここにある、恐ろしくひきつった
本当の頭が、本物の顔が。
うそをつく顔のかげで、のけぞっている。
哀れな大きな美女! 君の涙の
すばらしい大河は、心配する私の心に達している。
君の嘘は私を酔わせる、それゆえ私の魂は、たっぷりと
飲むのだ、「苦悩」が君の両目から湧き出る流れを!

―しかしなぜ彼女は泣いているのか? 彼女は、完璧な
美女で、征服された人類を彼女の足下に置きもしよう、
どの謎の病気が、競技者の彼女の脇腹をかじっているのか?

―彼女は泣く、愚か者、なぜなら彼女が生きてきたからだ!
そして彼女が生きているからだ! しかし彼女が特に
嘆くのは、彼女を両膝まで震わせるのは、
明日も、アー! また生きなければならないからだ!
明日も、明後日も、いつまでも! ―我々と同じく!