So-net無料ブログ作成

19 巨大女


        19 巨大女

むかし「自然」がその強いむら気をもち
毎日、怪物のような子供たちを孕んでいた頃には、
若い巨大女のそばに、私は好んで暮らしただろう、
女王の足元の享楽的な猫のように。

私は好んだだろう、彼女の体が魂とともに花開き、
恐るべき戯れなかで自由に成長することを眺めるのを。
彼女の心が暗い炎を抱いているかどうかを
その両目に浮かぶ潤んだ霧から判断するのを。

その見事な体の線を心ゆくまで、くまなく歩き回るのを。
その巨大な膝の斜面を這い進むのを、
また時々夏に、不健康な日ざしが、

くたびれた彼女を、野原を通して横にさせるとき、
その乳房の陰で、のんびり眠るのを。
まるで山のふもとにある平穏な小集落のように。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。