So-net無料ブログ作成
検索選択

偶像 けつの穴のソネット   ランボー

 
           偶像
     けつの穴 のソネット

薄暗くがよって紫の撫子のように
それは息づく。愛でまだ濡れた苔の間で
つつましくうずくまって。その苔も白い尻の
甘美な漏れ口に続く、めくれたハート形まで。

乳色の涙に似た幾筋かが
泣き濡れた。それらを押し戻す凶暴な風を受け、
赤茶けた泥灰岩のかわいい血餅を通り、
斜面が呼ぶところに消えようとして。

ぼくの夢はしばしばその吸い玉に結ばれた。
ぼくの魂は、物質的な交接に嫉妬して、
それを野獣の眼下腺や嗚咽の巣にした。

それは気絶したオリーブの実、そして甘いフルート。
それは管、そこを天上のプラリーヌが降りてくる。
女のカナン、囲まれた湿気のなかだ!

                 アルベール メラ.
                 P. V.- A. R.



百合  ランボー


            百合

オーぶらーんこ! オー百合! 銀の洗浄ポンプ!
労働を無視、飢えを無視!
夜明けの光は愛の洗浄液であなたを満たす!
天の甘美はあなたのおしべにバターを塗る!

           アルマン シルヴェストル
           A.R.




閉じた唇 ローマで見た ランボー

 
          閉じた唇
          ローマで見た

ローマの、システィナ礼拝堂には、
キリスト教のエンブレムで覆われた、
緋色の小箱がある、
そこで昔の鼻たちが干からびている。

鼻、テバイードの苦行僧の、
鼻、聖杯の参事会員の、
そこで固まったのは、鉛色の夜、
そして不気味な昔の単旋律聖歌。

鼻たちの神秘的な渇きのところに、
毎朝、離教者の
汚い物がもたらされている、
それは細かい粉末に変えられる。

      レオン ディエルクス.
      A.R.



艶なる宴   ランボー


           艶なる宴

       夢見る人、スカパン
       こするのは、ラパン
       長マントの下で。

       コロンビーナ
       -寝る女!-
       -ド、ミ、-へたに弾く

       一つ目、ラパンの、
       すぐに客引くの、
       それは酔っぱらってる . . .

         ポール ヴェルレーヌ
         A.R.



[ ぼくは三等車にいた . . . ]  ランボー

       [ ぼくは三等車にいた . . . ]

ぼくは三等車にいた。老いた司祭が
短いパイプを取り出し、窓で、そよ風に、
色あせたひげの非常に穏やかな顔を向けた。
次にそのキリスト教徒は、失礼なからかいを
無視して、向き直り、力強くだが悲しげに、
噛みタバコを少しぼくに
要求した。― 再度下獄された
王族の子孫の司祭長だった、―
エーヌ県の町、ソワッソンの近くで乗客たちに現れる、
暗い静脈、いやになるトンネルを捏ねるために。



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。