So-net無料ブログ作成

悪の華 ボードレール


      完全無欠な詩人
 
   フランス文学の完璧な魔術師
  私のとても親しく、とても敬愛する

      師であり友である
    テオフィル ゴーティエに

     この上なく深い恭順の
       気持ちをこめて

       私はこれらの
     病的な花々を捧げる

          C.B.



読者に  ボードレール


             読者に

   愚かさ、誤り、過ち、けちは
   我々の精神を占領し、肉体を苦しめている、
   そして我々は自分たちの愛すべき悔恨を養っている、
   乞食らが彼らの虱を育てているように。

   我々の過ちは頑固だ、我々の悔悟は無気力だ。
   我々は我々の告白を気前よく償ってもらう、
   そして我々は泥だらけの道を陽気に帰ってくる、
   卑しい涙で全ての我々の汚れが清まると信じて。

   悪の枕の上で、三倍も偉大なるサタンが、魔法に
   かけられた我々の精神を長々と揺すってあやしている、
   そして我々の意思である豊かな金属は
   その博識な化学者によって全て蒸発させられる。

   悪魔なんだ、我々を動かす糸を握っているのは!
   忌まわしい物に我々は魅惑を見いだす。
   毎日、地獄に向かって、我々は一歩ずつ降りていく、
   畏怖もなく、臭い暗闇を横切り。

   古臭い売女の苦しめられた乳房に
   キスして食べる貧しい放蕩者と同様に、
   我々は通りがかりに秘密の快楽を盗む。
   それを我々は強くしぼる、古いオレンジのように。

   びっしり、群れて、百万の蠕虫みたいに、
   我々の脳のなかで群れる悪魔らが酒盛りだ、
   そして、我々が息をするときはいつも、死は我々の
   肺のなかに降りてくる、見えない大河、鈍い嘆き声で。

   もし強姦、毒薬、短刀、火災が
   それらの快い模様を、我々の情けない運命の
   平凡なカンバスにまだ刺繍していなかったなら、
   それは我々の魂が、ああ!十分に大胆でないからだ。

   だが、ジャッカルたち、豹たち、雌猟犬たち、
   猿たち、蠍たち、禿鷹たち、蛇たち、
   怪物たち、かん高く鳴き、遠ぼえし、唸り、這っていて、
   我々の悪徳の動物小屋にいるのだが、それらの間に

   もっと醜く、もっと悪意で、もっと不浄な奴がいる!
   そいつは大きな身ぶりや大きな叫びはしないが、
   容易に地球を破片にしたり
   あくびひとつで世界を飲み下すかもしれない。

   それは倦怠だ! ― 目は無意識に涙をためる、
   そいつは水煙管を吸いながら、死刑台を夢見ている。
   きみは知っているんだ、読者よ、その繊細な怪物を、
   ― 偽善の読者、― 私の同類、― 私の兄弟よ!






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。