So-net無料ブログ作成

50 曇り空 Ciel brouillé


        50 曇り空

まるで君の眼差しは靄で覆われているようだ。
不思議な君の目は(それは青色、灰色、緑色?)
代わるがわるに優しく、夢見がちで、残酷で、
空の無感覚と青白さを映している。

君は白く、生暖かく、ぼやけたあれらの日々を思い出させる。
それらは魔法にかかった心を泣き崩れさせている、
そのとき、心をねじる何とも知れない悪であおられて、
あまりに覚めた神経は、眠る精神を揶揄している。

君は時々それぞれの美しい地平線に似ている。
それらに霧の四季のそれぞれの太陽が火をつける. . .
なんて君は輝いているのか、ぬれた風景
それを曇り空から射す光が燃え上がらせている!

オー危険な女、オーうっとりする風土!
私は君の雪も氷霧も熱愛するだろうか、
そして私は冷酷な冬から引き出せるだろうか、
氷よりも鉄よりも鋭い快楽を?


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。