So-net無料ブログ作成
検索選択

39 <私はこれらの詩を. . .> <Je te donne. . .>


    39 <私はこれらの詩を. . .>

私はこれらの詩を君に与える、その目的は、
もし私の名が幸運にも遠い後の時代に着岸し、
ある晩、人間たちの脳に夢を見させるならば、
大いなる北風に恵まれた大船

君の記憶が、不確かな伝説に似て、
ツインバロンのように読者を疲れさせ、
そして友愛の神秘な鎖の環によって
私の尊大な詩につるされたままにするためだ。

呪われた存在、君に、深淵から
空の最高まで、私のほかに、何も答えない!
― オー君は、はかない痕跡の影のように、

軽い足どりと晴朗なまなざしで踏みにじる、
君を苦いと判断した愚かな人間たちを、
黒玉の眼の彫像、青銅の額の偉大な天使!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。