So-net無料ブログ作成

37 取りつかれた男 Le Possédé


      37 取りつかれた男

太陽は喪のヴェールで覆われた。そのように、
オー我が命の「月」!、影で君を包みなさい。
好きなように眠るか喫いなさい、黙って暗くいなさい、
そして「倦怠」の深淵にすべてを沈めよ。

私はそんな君が好きだ! それでも、もし君が今日
薄暗がりから出てくる食の天体のように、
「狂気」あふれる場所で羽根を広げて歩きたいのなら、
それも結構! 魅力の短剣、鞘からおどり出よ!

君の瞳を灯せよ、シャンデリアの炎で!
欲望を点火せよ、無礼な者たちの視線に!
君のすべては私の快楽だ、不健全でも活発でも。

君が望むものになるがいい、黒い夜、赤い曙。
私の震える全身の線維の一本でも叫ばないものはない、
「オー我が愛しのベルゼビュート、君が大好きだ!」