So-net無料ブログ作成

34 猫 Le Chat

        34 猫

来なさい、私のきれいな猫、恋する私の心臓の上に。
  引っ込めなさい、君の足の爪は、
そして私を飛び込ませよ、金属とメノウの混ざった
  君の美しい眼のなかに。

私の指が君の頭や君の柔軟な背を
  心ゆくまで愛撫する時、
私の片手が電気を帯びた君の体に
  触る喜びに酔う時、

私は心のなかに私の妻が見える。彼女の視線は、
  愛らしい獣、君の視線のように、
深く冷たく、投げ槍のように切り、裂く、

  そして、両足から頭まで、
巧妙な空気、危険な香りが
  彼女の褐色の体の周りを漂っている。