So-net無料ブログ作成

33 死後の後悔 Remords posthume


       33 死後の後悔

黒大理石で建てられた墓の底に、
我が愁いの美女、君が眠るであろう時、
そして閨房として、館として、雨の滴る
地下墓所、虚ろな墓穴でしか君が持てないであろう時、

墓石が、君の臆病な胸と、
すてきな無頓着が柔らかくする両脇腹を圧迫していて、
君の心臓の脈打ち欲することを、
君の両足の奔放に駆け走ることを妨げるであろう時、

その墓は、私の無限の夢の腹心だが、
(なぜなら墓はいつも詩人を理解するであろうから)、
眠りが追放されたそれら多大な夜々のあいだ、

君に言うだろう、「何になる、不完全な遊女、死者たちが
嘆いているものを、あなたが知らなかったとしても?」
― そして蛆虫は君の肌をかじるだろう、後悔のように。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。