So-net無料ブログ作成
検索選択

32 <ある夜、私がひどい. . . > <Une nuit que j'étais. . .>

    32 <ある夜、私がひどい. . . >

ある夜、私がひどいユダヤ女のそばに、
死体に寄り添う、横になった死体然でいたとき、
私はこの身を売った肉体のそばで、急に思い始めた、
私の欲望が自ら禁じている、その悲しい美女のことを。

私が思い浮かべていたのは、生まれながらの彼女の威厳、
力強さと優美さで武装された彼女の眼差し、
彼女の髪。それは芳香の兜であり、
その記憶が私を愛へと復活させる。

というのは、私は熱烈に君の高貴な体にキスしただろうし、
君のひんやりした足から黒い編み毛まで
深い愛撫の宝を展開しただろうから、

もし、ある晩、努力しないで得られた一滴の涙で、
君がただ、オー残酷な女たちの女王!、
冷たい瞳の輝きを曇らせることができたなら。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。