So-net無料ブログ作成
検索選択

30 深淵ヨリ我叫ビヌ De profundis clamavi


     30 深淵ヨリ我叫ビヌ

私は君の同情を哀願する、君、私の愛する唯一の人、
私の心が落ちた暗い深淵の底から。
これは鉛色の地平にある陰鬱な世界、
そこに漂うのは恐怖と冒瀆の言葉。

熱のない太陽は六箇月、見おろし
他の六箇月は、夜が地上を覆う。
それは、極地よりも裸同然の国。
― 獣も、小川も、草木も、森もない!

さて、氷の太陽の冷酷な厳しさ、
そしてはるか昔のカオスに似たこの無限の夜、
この世にそれらをしのぐ恐怖はない。

私はこの上なく卑しい動物たちをうらやむ。
かれらは馬鹿のような眠りに没頭できる。
非常にゆっくりと時の桛は繰られる!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。