So-net無料ブログ作成

29 腐った死骸 Une charogne


        29 腐った死骸

思い出しなさい、いとしい人、心地よい夏の
  あの晴れた朝、我々が見た物を。
小道の曲がり角に、忌まわしい腐った死骸が
  小石のまかれたベッドの上で、

両足を空中にあげ、好色女のようだが、
  焼けて毒をにじませ、
無頓着で冷笑的な仕方で
  悪臭に満ちた腹を開いていた。

太陽はその腐った物の上に光り輝いていた。
  ほとんどそれを程よく焼くために、
偉大な「自然」が一緒につなげていた物の全てを
  そこに百倍にして返すために。

そして天は見事な死骸が花のように
  咲いているのを眺めていた。
悪臭はあまりにも強く、草の上に
  あなたは気絶すると思った。

蠅たちは腐敗したその腹の上をぶんぶん飛んでいて、
  そこから蛆虫らの黒い大隊が外へ出てきていた。
それらは生きているその残骸をつたって
  濃い液体のように流れていた。

すべてそれらは、波のように下がり上がりして、
  ぱちぱちと飛び出していた。
言うなれば、その肉体は、あいまいな息吹でふくらみ、
  自ら繁殖させながら生きていたのだろう。

そしてその世界は奇妙な音楽を発していた、
  流水や風のように。
または、穀粒のように。リズミカルな動きのその選別人が
  蓑のなかで、それをゆさぶり回している。

形は消え、もはや夢で、達成するには遅い
  下絵でしかなかった。
画布の上に忘れられ、それを画家が
  思い出によってのみ仕上げるのだが。

岩に隠れて、不安げな雌犬が
  怒った目で私たちを見ていた。
その犬が骸骨にあって口から落した
  肉片を取り戻す時をうかがいながら。

― しかしながら、あなたはその汚物、
  恐ろしく悪臭を放つ物に似るだろう。
我が眼の星、我が自然の太陽、
  我が天使にして我が情熱のあなたも!

そうです! そのようにあなたもなる、オー優美の女王。
  臨終の秘跡の後、
あなたが草と開花の下へ行き、骸骨らの間で
  黴が生えるときに。

その時、オー我が美人! あなたにキスを浴びせる
  害虫に言いなさい、
私の分解された恋愛の、形と神聖な本質を
  私は守っていると!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。