So-net無料ブログ作成
検索選択

28 踊る蛇 Le Serpent qui danse


         28 踊る蛇

なんて私は好きなのだろう、物憂げさん、
   これほど美しい君の体を見るのが、
ゆらめく布地のように、
   その肌がきらめくのが!

きつい香りのする
   奥深い君の髪、
青と褐色の波のある
   芳香と気まぐれの海のうえに、

ちょうど、朝の風に
   目覚める船のように、
夢想にふける私の魂は、
   はるかな空に向けて出航準備をする。
   
君の眼は、甘美も苦みも
   何も表さないし、
冷たい二つの宝石だ、
   それは金と鉄を混ぜている。

君が拍子をとって歩くのを見ると、
   くつろぎの美女、
まるで棒の先で踊る
   蛇のようだ。

怠惰の重荷で
   子供のような君の頭は
おさない象のように
   柔らかく揺れ、

君の体は傾き長々と横たわる。
   ひどく横揺れし
帆桁を水中に沈める
   細い船のようにして。

氷河がうなり溶けて
   増大された流れのように、
君の口の水が
   歯々の縁まで高まるとき、

私が飲んでいると思うのは、苦くて
   勝利者のボヘミヤのワイン
私の心に星々をちりばめる
   液体の空!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。